記念すべき開発ブログ第一回です。

さっきちょっとハマった点について。

Xcode 4 移行ガイド:Xcode 4 におけるユーザインタフェースのデザイン
このページの真ん中過ぎたあたりに、
「Interface Builder オブジェクトとソースコードを直接接続する」
というのがあります。
Xcode 4では、Assistant Editorを使って
IBOutletとIBActionの文をドラッグ&ドロップで挿入できるとのこと。
Xcode 4から入った僕はふ~んて感じですが、Xcode 3の時はもっと不便だったようです。

さてさて、読んでた本の通りにやってみたつもりなのですが、
IBOutletは挿入できるのにIBActionが挿入できなくて30分くらい悩んでしまいました。
理由は簡単で、Labelをドラッグしてたからでした。
Labelは単なる文字表示するだけなので、
Actionなんか何も出来ないから選択肢にもAction出てこないんですね。
Round Rect ButtonとかSegmented Controlで試すと、ちゃんとIBActionが挿入できました。

読んでた本はこれです。


P.61~62の「方法3」に今の件について書いてあります。
よく見ると、IBActionを挿入してる時に使ってるオブジェクトは
LabelじゃなくてRound Rect Buttonぽいですね。
一言書いてくれりゃいいのによぉ。。。