ざ~ちゃんブログ

業務ハッカーです。 富山県の田舎の方でリモートワークしてます。 プログラミングとPerfumeと動画制作が大好きです。

野田秀樹の戯曲「パンドラの鐘」を今更ながら読んだ戦後70年

この前のブログで「戯曲をもっと読みます」と宣言しましたが、さっそく野田秀樹の戯曲集をKindle版で買って、大好きな「パンドラの鐘」読みました。じっくり読んでみると新たな発見があって面白いね。

タマキさんの最後のセリフ

「日本には王がいるわ 。」
「あたし達だけは知ってるじゃない 、ヒメ女とミズヲの物語 。もしアメリカが 、もうひとつの太陽を爆発させようとしたって 、王が守ってくれる 。滅びようとする日のあのヒメ女のように 、ヒメ女が 、この土地を救ったように 、王ならば 、必ずその地が滅びる前に 、きっと 、わが身を埋めるでしょう 。」

これを素直に解釈すると、長崎でパンドラの鐘が爆発したってことは、昭和天皇には古代の心が届かなかったってことになります。高校時代は俺もそう解釈してました。

でも、それから15年経った今改めて読んでみると、マッカーサーに「全ての戦争責任を負う」と伝えた昭和天皇には、ヒメ女の心が届いていたって解釈もできると思いました。というか俺はそう信じたい!

日本の天皇って決して「王」ではないじゃないですか。「君臨すれども統治せず」なので、自分の一声で何でも国が動くわけではない。「我が身を埋める」と天皇が本気で思っても、それだけじゃうまく行かないのが現実の世の中です。

野田さんは単に前者のつもりで書いたのかも知れんけど、そこの解釈は読み手の自由。だから俺の今の解釈は、「古代の心は未来に届いた。パンドラの鐘は爆発してしまったけど、それでも未来の国は滅びなかった。滅びる前の日に、未来の王は未来の国を守ってくれた」って思うことにしました!

さてさて余談ですが、何気にインパクトあったミズヲのセリフ。。。

「人はいつも未来を相手にしか戦争できない 。戦争をはじめた日 、誰もその事に気付かない 。そして人は未来に 、決して勝てない 。」

これ、開発前の見積もりが甘く、始まってみたら納期もコストも全然割りに合わないことにやっと気付いて、あとはデスマーチ赤字プロジェクトになるソフトウェア開発そのものじゃないかー!と思った次第です。。。「赤い風景」ってそういうことだったのかーー(´;ω;`)

やはり、ソフトウェア開発に演劇から得るものは大きいですね(笑)
ではでは~。

「戯曲」はソフトウェア開発における「仕様書」である

最近、ソフトウェア開発と演劇の共通点について色々考えを巡らせてたんですが、そんな矢先にこの記事を読んでかなり面白かったです。
http://synodos.jp/culture/14752

前は何となく「戯曲=ソースコード」と思ってたんだけど、今思うのは、ソースコードは戯曲ではなくて「役者のセリフ」と考えた方がしっくり来るなぁと。そしてプログラマーが役者。なんか、良いプログラマーと良い役者って共通するものがある気がするんです。

そんで戯曲はというと、プログラミングに入る前の「仕様書」に相当する気がしています。

アジャイル開発とかで、仕様書をしっかり書かずに作るのが流行ってますけど、最近それに似た開発を少し試してみて「やっぱ仕様書は大切だな」と思い直したところもありました。特に離れた場所のメンバーにプログラミングを振るときは、それなりの仕様書を作らないとうまく回らないですよね。

かと言って、読んだらそのままソースコードに落とせるような詳細な仕様書まで書くのは意味がないとも思うのです。仕様書を読んだプログラマーが、各自工夫してプログラミングする余地を残しつつ、ベースの部分は読めばしっかり分かるという仕様書が理想だと思うんですが、それって俺が考えてた「良い戯曲」の条件と同じなんですよね。役者の一挙手一投足まで書かれてる戯曲を読むとちょっと嫌になります…そういうのは「戯曲」じゃなくて「上演台本」としか言わんのかもしれんけどね。

さっきの記事に「戯曲を見直そう」と書かれていたのを読んで正にそうだなと思いました。「仕様書を見直そう」と。伝えるべき大切なことはしっかりと書き、かといって必要以上に細かく書きすぎず、そういう素敵な仕様書を書くために、ちょっと色んな戯曲を読んでみようと思いました(笑)

こんなアプローチを取るプログラマーはなかなか世の中に少ないんじゃないだろうかw 高校大学と芝居やってたことが、今になって仕事にプライベートに色々活きてるのを実感しています。

まぁそうは言っても、素敵な仕様書を書くために時間ばっかかけてしまうとビジネスとして成り立たんのでね…コストとクオリティとのジレンマは非常にシビアなところでありますが……(´;ω;`)

32歳になりました

今日は32回目の誕生日です。32はプログラマー的にはとても「キリの良い数字」でして、符号なし整数型5ビットで表現できてた年齢が、本日より6ビット必要になりました。名実共に「ケタ違い」のパフォーマンスを発揮できるよう、精進したいと思います!

そういえば、今までは「ビール飲みながら米と味噌汁」が普通に行けたんですけど、先週くらいから「酒飲みながら米は合わんな…」と思うようになりました。結婚し、父親になり、25歳になって、やっと「一人前の酒飲み」になれたのかな?(笑)

ハード・ソフト共に堅牢な状態で1年ずつ年齢をインクリメントし、この調子で64歳まで幸せに生きていたいですね。その頃にはどんな世の中になっているのでしょう?平均寿命が128歳、最高齢者が256歳とかになっているでしょうか?( ̄▽ ̄)

テクノロジーは必ず人類を幸せにしてくれると信じて、技術者として夫として父親として、道を踏み外すことなく頑張っていきたいと思います!

なんか切りの良い数字で嬉しかったので、珍しく抱負のように語ってしまいました。Facebookに同じのを投稿しましたけど、割と気に入った文が書けたのでこっちにも転載しました。そんなわけで皆さま、これからもどうぞよろしくお願いしまーす!

アートとエンターテイメントと、富山短編映画祭の思い出と。

動画制作とかの創作活動するときに、俺は「見た人を楽しませる」ってことをすごい意識してて、友達が俺の動画で笑ってる姿とか妄想しながらいつも編集してます。でも周りのアマチュア映像仲間には、自分の世界にどっぷり浸る作風の人も多いんですよね。良いとか悪いとかの話ではなくて、それぞれのスタイルがあって面白いなーという話。

昨日夜な夜なその辺りを考えてたら、言葉にすると「アートとエンターテイメントの違い」なんだと思いついて、すごくしっくり来ました。ググったら同じように考えてる人たくさんいますね。俺が思いついたことはこの人のブログに全部書いてありました(笑) んで俺はかなりエンターテイメント寄りなスタイルだなぁと思います。学生時代にアマチュア演劇やってたときも、「芝居は客を楽しませてなんぼ」というのがモットーでした。

2011年〜2012年に縁あって富山短編映画祭の実行委員をやってましたが、2013年の夏前に半ばケンカ別れで実行委員を抜けちゃいました。やめた直接の原因は違うんですが、今から思い返してみると俺が「見に来たお客さんを楽しませる責任がある」と強く思ってたのと比べて、他の実行委員は割と映画の「作り手」目線が強くて、「エンターテイメント」よりも「アート」寄りな映画祭を思い描くメンバーが多かった気もします。回を重ねるうちにその辺の意識のズレも何となく辛くなって行って、最終的にやめる原因の一つになったのかも知れません。

もちろん「アート」と「エンターテイメント」は完全に区別できるものではなく、さっきのブログに書いてある「アートとエンターテインメントの接点にこそ、もっともすばらしい何かが生まれる」というのが真実だと思います。それでも俺が感じる現実として、アート寄りな人とエンターテイメント寄りな人は似たようなことやってても微妙に噛み合わないことが多くて、同じ方向を向いて何かを成し遂げるのは難しいよなぁーと思うわけなのです。。。

だから何やねんて感じですけど、ここ数年もやもやしてたことが自分の中でまとまってスッキリしたので独り言でした。最初はFacebookに書いてたけど、長くなったのでブログで公開してみました。

その点Perfumeなんかはアートとエンターテイメントのバランスが素晴らしいですよね。もうすぐライブDVD発売なのでぜひどうぞ!


プロフ写真変更!

やっとX-TRAILのPerfumeナンバー作れました。
買ってから半年も経ってしまった(^^;;

X-TRAIL-Perfume2-blog

カッターを買ったー。

カッターが無かったー。欲しかったー。
カッターを買ったー。高かったー。
カッターの刃を出したー。(カタカタカタ…)固かったー。
カッターを使ったー。手を切ったー。
痛かったー。

デンデケデケデケデケデケ♪

あ痛カッター あ痛カッター
あ痛カッター Yes!

あ痛カッター あ痛カッター
あ痛カッター Yes!

Give me tissue!









カッターのことは嫌いになっても、AKBのことは嫌いにならないでください!(´;ω;`)



HandBrakeで動画が変換できない場合の対処(Mac・Win)

前の記事でも書いたとおり、動画の変換にはフリーソフトの「HandBrake」がすごい便利です。ただ長年使ってると、なぜか「変換開始」ボタン押しても変換処理が始まらず、何も出来なくなってしまうことがあります。

原因として、HandBrakeの設定ファイルが壊れてしまってる可能性があります。その場合、HandBrake自体を再インストールしても解決しないのが厄介なところです。以下の手順で直りますのでお試しを!

※2014.07.25追記:今までMac版のフォルダ操作方法しか書いてなかったので、Windows版の操作方法を追記しました。ただ、僕はWin版のHandBrakeは普段使っていないので、これで動画変換エラーが直ることは確認できてません。これ見てWin版で試された方、コメントもらえると嬉しいです。

■Macの場合
1.HandBrakeを終了する
2.Finderで「移動」メニューを選択した状態で、キーボードの「Option」を押す
3.通常はメニュー項目にない「ライブラリ」が出現するので、それを選択
4.ホームフォルダ内の「ライブラリ」フォルダが開くので「Application Support」を開く
5.「HandBrake」というフォルダがあるので、デスクトップなど別の場所に移動
6.HandBrakeを起動する

■Windowsの場合
1.HandBrakeを終了する
2.マイドキュメントなど適当なフォルダを開き、アドレスバーに「%appdata%」と入力
3.OSバージョンに応じたAppDataフォルダが開く
4.「HandBrake」というフォルダがあるので、デスクトップなど別の場所に移動
5.HandBrakeを起動する

これでHandBrakeの設定ファイルがリセットできました。HandBrakeを再起動すると、自動的に「ライブラリ」or「%appdata%」内の「HandBrake」フォルダが再作成され、動画変換に成功するようになると思います。

独自のプリセットを作成している場合はプリセットが消えてしまいます。プリセットを戻したいときは以下の手順で。僕が試した限り、プリセットを復活させても変換はちゃんと成功しました。

■Macの場合
1.HandBrakeを終了する
2.「ライブラリ」内の「HandBrake」フォルダと、上記5で退避した「HandBrake」フォルダを同時に開く
3.退避したフォルダ内の「UserPresets.plist」ファイルを「ライブラリ」内の「HandBrake」フォルダに上書きコピー
4.HandBrakeを起動する

■Windowsの場合
1.HandBrakeを終了する
2.「%appdata%」内の「HandBrake」フォルダと、上記4で退避した「HandBrake」フォルダを同時に開く
3.退避したフォルダ内の「user_presets.xml」ファイルを「%appdata%」内の「HandBrake」フォルダに上書きコピー
4.HandBrakeを起動する

退避した「HandBrake」フォルダは、これで特に必要なくなったので削除してもOKです。

実は2年前くらいにこれでハマって、そのときはMacに新しいアカウント作ってHandBrake使ったら成功したんですよ(笑) それ以来HandBrake使う機会無くて放置してました。んでさっき前の記事を書こうとしてHandBrake使ったらやっぱ使えなくて、冷静に考えてみるとライブラリをリセットすればOKだよなぁと思って試してみた次第でございます。本当はどこがどう壊れてるのか分かればいいんですけど、まぁ直ったから良し。

ちなみに変換に失敗したときは、画面にこんなログが表示されました。最後にそれ貼り付けときますね。

・2年前DVDをリッピングしようとした時のログ(合法的なリッピングなんで通報しないでねw)
HandBrake Activity Log for /Users/hoge/Desktop/movieFile.m4v: 2012-11-21 01:12:26 +0900
Handbrake Version: 0.9.3-jp-b1 (2009021200)

[01:12:26] macgui: Rip: Pending queue count is 1
[01:12:26] macgui: scanning specifically for title: 1
[01:12:26] macgui: performNewQueueScan currentQueueEncodeIndex is: 0
[01:12:26] hb_scan: path=/Users/hoge/Desktop/DVD/VIDEO_TS, title_index=1
[01:12:26] scan: trying to open with libdvdread
[01:12:26] scan: DVD has 1 title(s)
[01:12:26] scan: scanning title 1
[01:12:26] scan: opening IFO for VTS 1
[01:12:26] pgc_id: 1, pgn: 1: pgc: 0x2691bc0
[01:12:26] scan: vts=1, ttn=1, cells=0->24, blocks=0->892076, 892077 blocks
[01:12:26] scan: duration is 00:29:59 (1799310 ms)
[01:12:26] scan: checking audio 1
[01:12:26] scan: id=80bd, lang=English (AC3), 3cc=eng ext=0
[01:12:26] scan: title 1 has 1 chapters
[01:12:26] scan: chap 1 c=0->24, b=0->892076 (892077), 1799310 ms
[01:12:26] scan: aspect = 0
[01:12:26] scan: decoding previews for title 1

*** libdvdread: CHECK_VALUE failed in nav_read.c:207 ***
*** for dsi->dsi_gi.zero1 == 0 ***

[01:12:26] scan: audio 0x80bd: AC-3, rate=48000Hz, bitrate=256000 English (AC3) (2.0 ch)

*** libdvdread: CHECK_VALUE failed in nav_read.c:207 ***
*** for dsi->dsi_gi.zero1 == 0 ***


*** libdvdread: CHECK_VALUE failed in nav_read.c:207 ***
*** for dsi->dsi_gi.zero1 == 0 ***


*** libdvdread: CHECK_VALUE failed in nav_read.c:207 ***
*** for dsi->dsi_gi.zero1 == 0 ***


*** libdvdread: CHECK_VALUE failed in nav_read.c:207 ***
*** for dsi->dsi_gi.zero1 == 0 ***


*** libdvdread: CHECK_VALUE failed in nav_read.c:207 ***
*** for dsi->dsi_gi.zero1 == 0 ***


*** libdvdread: CHECK_VALUE failed in nav_read.c:207 ***
*** for dsi->dsi_gi.zero1 == 0 ***


*** libdvdread: CHECK_VALUE failed in nav_read.c:207 ***
*** for dsi->dsi_gi.zero1 == 0 ***


*** libdvdread: CHECK_VALUE failed in nav_read.c:207 ***
*** for dsi->dsi_gi.zero1 == 0 ***


*** libdvdread: CHECK_VALUE failed in nav_read.c:207 ***
*** for dsi->dsi_gi.zero1 == 0 ***

[01:12:26] scan: 10 previews, 720x480, 29.970 fps, autocrop = 50/52/0/0, aspect 4:3, PAR 8:9
[01:12:26] scan: title (0) job->width:656, job->height:384
[01:12:26] libhb: scan thread found 1 valid title(s)

・今日、フルHD動画をカーナビで見れるサイズに変換しようとした時のログ
HandBrake Activity Log for /Users/hoge/Desktop/movieFile.m4v: 2014-04-29 11:53:16 +0900
Handbrake Version: 0.9.3-jp-b1 (2009021200)

[11:53:16] macgui: Rip: Pending queue count is 1
[11:53:16] macgui: scanning specifically for title: 1
[11:53:16] macgui: performNewQueueScan currentQueueEncodeIndex is: 0
[11:53:16] hb_scan: path=/Volumes/SDcard/movieFile.mp4, title_index=1
[11:53:16] scan: trying to open with libdvdread
[11:53:16] dvd: not a dvd - trying as a stream/file instead
Input #0, mov,mp4,m4a,3gp,3g2,mj2, from '/Volumes/SDcard/movieFile.mp4':
Duration: 00:25:05.15, start: 0.000000, bitrate: 3816 kb/s
Stream #0.0(eng): Video: h264, yuv420p, 1280x720, 29.97 tb(r)
Stream #0.1(eng): Audio: aac, 48000 Hz, stereo, s16
[11:53:16] scan: decoding previews for title 1
[11:53:16] scan: 10 previews, 1280x720, 29.970 fps, autocrop = 0/0/0/0, aspect 16:9, PAR 1:1
[11:53:16] scan: title (0) job->width:1280, job->height:720
[11:53:16] libhb: scan thread found 1 valid title(s)

両方変換には失敗してるんですけど、内容はけっこう違いますねぇ。意味は分からないですが、一応参考までに貼っときました。

ではでは〜。



日産純正ナビ「MP313D-A」で再生できる動画の作り方

今年の1月にX-TRAIL(旧モデル)を新車で購入しまして、純正ナビ「MP313D-A」を付けました。動画を見るにはiPod繋げば良いんですけど、せっかくSDカードでも動画再生できるので、SDカードで再生するための動画の変換方法を調べてみました。

製品マニュアル10.オーディオ基本操作のK-5ページに対応フォーマットが載ってるんですが、実際に作ってみると意外とめんどくさかった。以下に手順まとめましたので、動画に詳しくない人もこの通りにやればできると思います!

前提として、ナビで見たい動画ファイルがパソコンに保存されてるものとします。

まず動画変換ソフト「HandBrake」をダウンロードしてインストールしておきます。
http://sourceforge.jp/projects/handbrake-jp/
このソフトはMac・Win版両方あります。僕はMacでしか試してないですが、たぶん同じようにやればWin版でもできるはず。出来なかったらごめんなさい・・・

1.HandBrakeを起動すると、さっそく変換元の動画ファイルを聞いてくるので選択する。一度選択した後に選び直すときは、左上の「変換元」ボタンを押す
2.「保存先」の「ブラウズ」ボタンを押して、変換後の動画を保存する場所を指定
3.「形式」は「MP4 file」を選択
4.「画質」タブを選択
5.「動画コーデック」は「MPEG-4(FFmpeg)」を選択
6.「フレームレート」は「変換元と同一」を選択
7.「品質」は「平均ビットレート(kbps)」を選択し「2500」と入力
8.「画像設定」ボタンをクリック
9.「ワイド化」は「None」を選択
10.「アスペクト比を保つ」にチェックを入れる
11.「幅」は「400」まで落とす。自動的に「高さ」は「224」になる(16:9のワイド動画の場合)
12.「閉じる」ボタンで閉じる
13.「音声&字幕」タブを選択
14.「サンプルレート」を「Auto」から「48」に変更、他はデフォルトのまま
15.左上の「変換開始」ボタンをクリックして、しばらく待つ
16.変換が終わったらHandBrakeを閉じて、変換後のファイルをSDカードにコピー

これでSDカードをナビに挿入すれば、動画が再生できるはずです!
注意点などいくつか。
・姉妹モデル「MP313D-W」でもたぶんこの手順で出来ます
・USBメモリでの動画再生もたぶんこの手順で出来ます
・Macだと、SDカードの中に「._動画ファイル.m4v」みたいな隠しファイルが自動的にできてしまい、ナビからも見えてしまいます。Eject for Windowsってフリーソフト使うと隠しファイル自動削除できるので便利です。
・マニュアルによるとH.264フォーマットも対応しているようですが、HandBrakeの動画コーデックで「H.264」を選択してもナビでは再生できませんでした。「MPEG-4」を選びましょう
・4:3の動画だと、サイズは「幅400、高さ224」ではなく「幅320、高さ240」のサイズが良いと思いますが、試してないです
・音声の「サンプルレート」が「Auto」になっていると、動画の途中で音のスピードが速くなったり遅くなったりして、映像と音がずれてしまうことがあるので注意です。昔それで大失敗しました。
・マニュアルでは「ビットレートの上限が MPEG4では2.5Mbps」とあります。上記7で設定したのは「平均ビットレート」なので、動画の途中で2.5Mbps以上になってしまう可能性もあります。もし「2500」で再生できなかったら「2300」とか「2000」とかに落としてみると良いかもです
・どうしてもうまくいかなかったのが、この動画の早回しの着替えシーン。この着替えシーンにさしかかると、着替え終わった後まで映像が飛んじゃうんですよね。たぶん早回ししてるのが原因だとは思うんだけど、ビットレート大幅に下げてみてもダメだったし、謎です・・・

結論!面倒だし画質悪いしどうしても再生できない部分あるし、SDカードで動画は見ない方が良い(爆)

プロフィールの写真がまだジムニーのままだな。早くエクストレイルに変えないと(^o^)変えました!
ではでは〜。


VirtualBoxのストレージの場所を変更する

VirtualBoxの仮想マシン作成時に「すでにある仮想ハードドライブファイルを使用する」を選んだ場合、「.vbox」ファイルと仮想ディスクファイルが別の場所に保存されてしまいます。何となく気持ち悪いので、仮想ハードディスクのパスを変更しました。ググっても日本語の解説見つからないのでメモしておきます。

「.vbox」ファイルはXMLですが、この中に仮想ディスクのパスの設定も書き込まれています。VirtualBoxが立ち上がってない状態で、テキストエディタで開きます。(バックアップは取りましょうね)この中の「HardDisk」タグの「location」を修正すればOK。
たとえばFusionの仮想ディスクを指定してた場合はこんな感じになっています。

<HardDisk uuid="{xxxxxx}" location="/Users/hoge/Documents/Virtual Machines.localized/Windows 7/Windows 7-0.vmdk" format="VMDK" type="Normal"/>


locationを相対パスで書くと、VBの仮想マシンフォルダ配下を見に行きます。
仮想マシンフォルダ直下(.vboxと同階層)に置きたい場合はこんな感じに修正。

<HardDisk uuid="{xxxxxx}" location="Windows 7-0.vmdk" format="VMDK" type="Normal"/>


サブフォルダを切りたい場合はこんな感じ。

<HardDisk uuid="{xxxxxx}" location="HardDisk/Windows 7-0.vmdk" format="VMDK" type="Normal"/>


.vboxファイルを修正したら、修正した通りの場所に仮想ディスクを移動させてVirtualBox立ち上げればOKです。もし仮想ディスクがうまく読み込めなかったら、VirtualBox立ち上げた時点で警告が出ます。
あと、VirtualBox立ち上げっぱなしで.vboxファイル編集してもうまく行かないので注意。.vboxファイルは仮想マシン起動時ではなく、VirtualBox本体を立ち上げるときに読み込まれるっぽいです。

ブログ更新のペースが掴めてきたぞ!この調子でたくさん書けたらいいなー。

 

Mavericks上のVirtualBoxにMountain Lionをインストール

先日ようやく自宅MacにMavericksをインストールしましたが、AirMac ユーティリティ 5.6.1が動かなかったりとか、まだMountain Lionを使いたいこともあるので、VirtualBox上にインストールすることにしました。

結論から言うと、ParallelsからVirtualBoxへの移行と同様、
「一度VMWare Fusion体験版上に仮想マシンを作って、vmdkファイルをVirtualBoxで開く」
という方法が一番スマートかと思います。

Fusionへのインストールはこちらの記事が参考になります。
http://act2blog.blogspot.jp/2013/06/vmware-fusion-5-0023mountain-lion.html
VMWareToolsはインストールしなくていいと思いますが、キーボードの認識処理は.vmxファイルを編集して設定しておきましょう。デフォルトではキー配列が英語になってしまいます。

VMWare上に仮想Mountain Lionができたら、以下の3ステップでVirtualBox用のゲストOSとして起動できます。
1. VirtualBoxの「新規」を選択し、名前を付けてOSを選択、続けてメモリ容量を設定
2. 「すでにある仮想ハードドライブファイルを使用する」を選択し、Fusionの.vmdkファイルを選択してゲストOS作成
3. ゲストOS作成後に「設定」画面の「システム」を選択し、「チップセット」を「PIIX3」に変更(これやらないと画面が真っ暗なまま何も立ち上がってくれません。)

実はFusion使わずに、最初からVirtualBoxにインストールこともできます。このあたりの記事に詳しいです。
http://d.hatena.ne.jp/zuisener/20130626/1372254879
http://ritalin.github.io/2012/12-17/hentai-advent-2012/
これらの記事には書いてないのですが、上記に書いた「システム」「チップセット」で「PIIX3」を選ばないと最初のインストーラが起動しませんでした。記事書かれた当時は不要な手順だったのかな?

この手順でVirtualBoxに直インストールできるのですが、なぜFusion経由をお勧めするかというと、VirtualBoxから直で入れたMountain Lionはキー配列を日本語キーボードに変更することが出来なかったからです。何かしらきっとやり方はあると思うのですが、僕が調べた範囲では見つからなかったので諦めました。どなたか成功したら教えて下さいませm(_ _)m

僕が今回試した順番はこんな感じ
1. VBで直接インストールを試すが、「PIIX3」を選ばなかったせいで失敗
2. Fusion体験版でインストール成功
3. VBにFusionから取り込もうとするが、「PIIX3」を選ばなかったせいで失敗
4. ようやく「PIIX3」だという原因が分かり、Fusionから取り込みが成功
5. キー配列が英語なので、Fusionの.vmxファイルを直して日本語化
6. 「PIIX3」でVB直インストールを試して成功
7. VBでキー配列を直す術が分からず

ちなみに、ホストのMavericksとFusion作Mountain Lionで同じApple IDでログインできたのですが、その後VirutalBoxに直で作成したMountain Lionに同じApple IDで入ろうとしたら「このコンピュータにはこれ以上ログインできませんよ」みたいに叱られてしまいました。同じホストにいくつも仮想Mac作ったらダメなのかも知れません。しっかり調べてないのでよくわからんですが。

ではでは。